So-net無料ブログ作成
検索選択
 国際貨物輸送サービスの会社「ハッピーカーゴ」の社員のブログです。
輸出入に関する情報やベトナムの耳寄りな情報をお届けします。


※現在、弊社ではパートさん、アルバイトさんを募集しています。ご興味のある方はこちらの記事を御覧ください。

「夢」の実現のために大事なことは?フレームとは何か

100%の結果を引き寄せる1%アクション.JPG
 こんにちは、デザイン担当です。勉強していることを、つらつらとまとめています。今回は、『100%の結果を引き寄せる1%アクション』という書籍から、夢を実現するために大事なことを。

夢を語る3つのタイプ

 夢を語る人には3つのタイプがあるそうなんです。

①逃避タイプ
 現状から逃げたいために夢を持つ人。いえ、夢を口実に現状から逃げたがっている人という表現の方が正しいようですね。
 現状への不満が根底にあって「◯◯だったら、夢が叶うのに」「これさえ入れば、夢が叶って幸せになれるのに」という、巷で良く言われる「タラレバ」ですね(;^ω^) 。
 これ、けっこう「口ぐせ」でも言っていることが多いので要注意です。決して夢が叶うことがないタイプの人です。

②錯覚タイプ
 自己啓発系の人に多いタイプで、その場の雰囲気に流されて何となく夢を設定します人だそうです。セミナーなどで、「夢は大きく持ちましょう」とか言われ、「そうか、じゃあ車はフェラーリにしよう (´∀`)」など、その場の雰囲気で夢を設定しまうタイプです。こういうタイプの方の場合は、実際の具体的な行動は殆どしません。
 しかも、最近の「引き寄せ」ブームだと、「願えば叶う」系も多いので、これでポジティブに生きていれば、願ったことが引き寄せられ、夢が自動的に叶えられると思ってしまう人も。

③恋愛タイプ
 実際に夢を叶える人がこのタイプ。というか、夢を実現できる唯一のタイプとも。一つのことで頭が一杯になり、寝ても覚めても24時間頭から離れないタイプです。毎日行動せずにはいられない状態の人です。
 このタイプの人に「今日、あなたは何をしましたか?」と聞くと、とめどめもなく”やったこと”が出て来きます。ワクワクとかの感情もこの恋愛タイプになると思います。「好き」をエネルギーにして行動するタイプです。



「好き」とは何か

 この本では「好き」とは「心がなぜ、それに惹かれるか説明できないもの』定義しています。例えば、「なぜこの人を好きになったのか」と聞かれても説明できないものがありますし、趣味の世界でも「好きなものは好き」としか言えないものってありますよね(^^)
 でも、好きだからこそ、あれこれ考える前に行動することができます。「好き」とは、DNAに刻みこまれた、その人固有の好みなのかもしれません。
 ですので、誰しもが本当にお金持ちになりたいとは限らないかもしれませんし、経営者とか実業家になることが、本当にその人の「好き」とも限らない訳です。お金を沢山持って好きなように生きるには経営者になるしかないと「思い込んでいる」可能性もあります。

 また、「引き寄せの法則」や成功のノウハウ本などを学んでいても「引き寄せるには◯◯しないといけない」とか「◯◯することが成功には必要なんだ」と思っているうちはまだ駄目で、「◯◯することが好きでたまらない、◯◯することは、言われなくてもやりたくなる」こう思えることが本当なのかもしれませんね。うーん(゜゜)。
 
4e425e0ccb03872469a5c4e549a36e84_s.jpg


私の「好き」が錯覚の場合もある

 更には、この自分が「好き」と思っていることが、実は周りの環境や、親の価値観などの影響で、自分で「好き」と思い込んでいるに過ぎない場合もあるそうなんです。

 先程の錯覚タイプの人も、「フェラーリを持ちたいというのは、成功者はみんな高級車に乗っていて、なんとなく成功のステータスだから」と思っている場合もあります。
 もし、本当に自分がフェラーリが好きならば、自分で現物を見に行ったり、写真を撮ってきたりというアクションを起こしているはずです。本当に好きならば・・・。
 でも、そこまでではないという場合は、本当に好きとは限らない、周りの環境に流されて錯覚している場合もあり得るということです。
 これを「思い込み」というのですが、実際にこの思い込みで自分自身が気がついていないことってかなりあるような気がします。
f7ba1e963773669b2b6aba1655d7ce3c_s.jpg


本当の「自分の好き」を見つけるには?
 
 では、自分の本当に「好き」なことを見つけるにはどうしたら良いのか。これには、「まず行動を起こしてみることだ」とこの本では語られています。
 これを
1%アクション」というのですが「行動することで夢は発見できる」ということなんですね。

 多くの啓発本は「成功する自分をイメージすれば成功する」と語られていますが、この本では、もう一歩踏み込んでいるというか、場合によってはアンチテーゼのように語られていて、成功をイメージするだけではまだ変わらない、そうではなくて、

「あなたが観ている世界(認識、フレーム)をチェンジすれば成功する!」
「あなたの環境が変わらないのは、あなたが信じている世界(思い込みなどの認識)が変わらないからだ!」

とも語っています。認識をチェンジ?フレームを変えるって?


フレームを可視化することで、自分の「好き」を見つけて成功する

 ここで語られている「フレーム」とは、「潜在意識にある無自覚な思考の枠」を指す言葉なのですが、この「フレーム」は自分でも無自覚なままに自分の考えをコントロールされている場合が多いとのこと。
 例えば、「お金を手にいれるためには、嫌なことも我慢しないといけない」「努力なしでは成功しない」など子供の頃から教え込まれた習慣の中とか、「赤信号だから渡ってはいけない」とか、社会のルールの中にも多数存在しています。良し悪しは別にして。

 それらは、決して「何かがおかしい」と気づかれることなく、思考や行動を背後でコントロールしているものなのです。
 表面的なポジティブ思考では、このフレームをコントロールすることは難しく、フレームの方が潜在意識側に存在しているので、全ての思考より優位に動いてしまいます。しかも、さきほどの「フェラーリが好き、手に入れたい」のように、あなた自身に嘘をつかせることも。
2365c5480c56dffb30110631dd75ed08_s.jpg

 では、どうしたらこのフレームを自覚し、自分を成功に導いたらよいのか。
 この本では、それは簡単な方法でできると語られています。
 それが「フレームの可視化」という作業。必要なのは紙とペンだけ。自分の気づいていない潜在意識の思考を発見し、本当に自分が望んでいる「好き」なことを発見し、自分を成功させること。このノウハウがこの本には書かれています。

 「成功とは、自分が心からやりたいことをやって、自分の可能性を常に発見している状態である」
 とこの本では語られています。
 成功とは周囲が決めることではなく、また他人の成功が自分の成功につながるとは限らないのですね。他人や周囲の価値観に流されることなく、自分が本当に「好きなこと=使命」見つけてそれをワクワクした気持ちで行なう。これが大切なことなのだろうと考えてます。
 一度、自分の心に正直に向き合う時間が必要ですね。
 さあ、今日もワクワクした感情で頑張りましょう(`・ω・´)キリッ


私たちと一緒に働きませんか。
ハッピーカーゴではアルバイト、パートさんを募集しています。
内容は→こちらの記事を御覧ください(^^)

 

来たよ(15)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:blog

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ハッピーベトナム All Rights Reserved.