So-net無料ブログ作成
 国際貨物輸送サービスの会社「ハッピーカーゴ」の社員のブログです。
輸出入に関する情報やベトナムの耳寄りな情報をお届けします。


※現在、弊社ではパートさん、アルバイトさんを募集しています。ご興味のある方はこちらの記事を御覧ください。

あなたはなぜ、引き寄られないのか。【引き寄せの法則】

 「引き寄せの法則」の話の続きになります。望んだものが実現化するという「引き寄せの法則」。この話をすると、大体3パターンの反応が出てきます。

1「へぇ、そうだよね。自分もあると思うよ」と認めてくれる方。2「面白そう!自分もやってみたいと」とウキウキする方。そして最後に 3「へっ、そんな上手い話、あるわけないじゃん」と疑いの眼差しを向ける方。
 
 実は最初の「へぇ、そうだよね。自分もあると思うよ」という方。この人たちこそが成功者の方々の考え方だと思います。自分も知らない内に実践しているので、体験や実感として「なるほどね。」と思っているのです。いわば成功者の波動というかオーラが出まくっている方です。リア充な方々(^^)。

a88249649839b4285132f9ae86f3b08c_s.jpg

 最後の「そんな上手い話、あるわけないじゃん」という方。はい、その通りだと思います。その考え方を宇宙にオーダーしているので、目の前にその通りの世界が展開しているはずです。そして本人の周りもその通りになっているはずです。

 そして一番、厄介なのがこの「面白そう!自分もやってみよう」という方。私も実はこれ(^^)
 そもそもなんで「引き寄せの法則」に魅力を感じ、実践してみたい!取り入れてみたいと思うのか。
 これは「今が幸せでない!」と感じているからなんですよね。いきなり核心を突いてしまいますが(笑)。
 でも、そもそも成功者の方々は、富や成功や願い事を引き寄せているから、現状に満足していて「引き寄せの法則」を勉強して実践してみようという意欲があまりないのも事実かと思うのです。

 自分の心の中に「ハッピーになりたい!」という「欠乏感」があるからこそ、「やってみたい!引き寄せたい」と思うのではないでしょうか。
 そう、望みがかなえば「今より幸せ!」と思っている方。「願いがかなったら・・・」という考え方は、「願いがかなっていない。今は幸せでない」という思いの裏返しなのです。
 それは「幸せでない自分」というものを再認識して強化してしまう考え方。
 
「引き寄せの法則を勉強したい、幸福を引き寄せたい!」

(今の私は幸福ではない。不満がある・・・)

 まず、この思いを変えることからスタートしないと始まりません。前記事にも書いた通り「幸せな人だけが幸せになれるのですから」

81JcTfx4EfL.jpg 実は、自分も数年前にトライして挫折したことがあるんです。
 それは、やっぱり今の現状に不満や欠乏感があったからなんですよね。「足りないものが今の自分にはある。だからそれを引き寄せたい!」と。だから「焦り」がありました。「いつまでに◯◯万円、引き寄せられないと困る!」という恐怖がその奥にありました。
 「引き寄せの法則は感情に働く」ということを充分理解していなかったのです。
 焦りや恐怖の感情は、それを引き寄せてきて増幅します。
 本当に世の中、皮肉な話なのですが、幸福感がないまま幸福を手に入れることはできないのですよね。
 うーん( ˘•ω•˘ )。
 なので、「誰か私を幸せにしてっ」て考え方は捨てましょう。
そして
「もし◯◯していたら(したら)、もし◯◯していれば(すれば)」などの「たられば思考」も追い出しましょう。

 「まんがで分かる脱・引き寄せの法則」では、「なんで自分は望んでいる引き寄せが上手くできないのか」と悩んでいる人(これを「引き寄せ難民」と呼ぶ)いう点に焦点を当てて、解説しています。
 

◆実は潜在意識はソレを望んでいない?もう一人の自分と向き合おう

 人の心は表面意識(顕在意識)と潜在意識二重構造になっていると言われてます。表面意識とは日常の中で私たちが意識している部分ですよね。
 で、実は、心理学では、それは氷山の一角で10%に過ぎず、残りの90%が潜在意識として気づかれずに眠ってるそうなんです。

Cap 506.jpg
『まんがでわかる 脱・引き寄せの法則』
より

 そこは、今まで経験してきたことの感情が全部蓄積されている領域。親から言われた言葉、苦い体験、辛い出来事などもこの潜在意識に溜まり、繰り返し再生され、様々なトラウマを生み出しているのです。
Cap 505.jpg

◆コンフォートゾーンから抜け出そう!

 さらにこの領域には、コンフォートゾーン(安心領域)と呼ばれている領域があります。
 不満があっても、人というのは慣れた日常を心地よいと感じているのでこの領域から抜け出す準備をしないといけません。

Cap 507.jpg

 たとえば、「自分は出世したい」と願い、「引き寄せの法則」を実践しているとします。「出世したら偉くなって、お金も入るしいいなぁ」と願っています。でも潜在意識では、それを恐れている自分がいる可能性があるんですね。

 もし、実際に出世したらどうなるでしょう?責任が今以上に重くなるので、家に帰るのも遅くなるかもしれません。部下の指導や教育も大変になるでしょう。場合によっては海外などの出張も増え、未知な分野にも挑まないといけなくなるかも・・。
 要は「望みが実現することで現状の自分じゃいられない」ことになるのです。これに対して、潜在意識の自分が「うぁぁ、これは面倒だなぁ、嫌だなぁ。それなら今のままでもいいか」と感じている可能性があるんですね。

 それは、過去に、部下の指導で苦い体験をしたとか、海外で怖い目にあったとかの体験が「恐怖」や「不安」となってコンフォートゾーンに留まりたいとしている可能性があるのです。

 つまり、本当にそれを望んでいるの?ということを表面意識でちゃんと理解しないと、潜在意識が暴れ初めて邪魔をしてくるのですよね。
 せっかくの安心領域でぬくぬくとぬるま湯に使っているのに邪魔するな!ってところでしょうか。

Cap 508.jpg

 幸福になるということは、幸福でない自分からの脱却ですので、未知の世界に足を踏み入れることになります。「大丈夫、怖くないよ。こんなに楽しい所なんだよ」と、何度も何度も潜在意識のコンフォートゾーンの自分に訴えかけましょう。
 今まで何十年間とほったらかしにしてきた潜在意識の中の自分は、「こんな自分なんて・・・。」とネガティブになって、ボロボロになっているかもしれませんよ。

Cap 509.jpg
 大体、引き寄せの法則のコツが分かってきたところで、
「じゃあ、どうすればいいの?どうしたら失敗しない引き寄せができるの?」
となりますが、この疑問に対して、具体的な実践シートなどを使って解決していくことがこの本なんですね。
 それは、具体的な項目に記入しながら、希望達成までの見取り図を書いたり、逆に嫌なことを明確にして希望を更に明確化していきます。 

 どうでしょうか。こうして考えると、結構奥が深いですよね。心理学の勉強にもなりますよ。オススメです。

Cap 504.jpg

来たよ(22)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:blog

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ハッピーベトナム All Rights Reserved.